FTX Japanに仮想通貨を置いておくだけ年利8%もらえる!!

ブログタイトル

FTXjapanが始めたサービス「FTX Earn」がやばいです。
仮想通貨を保持しているだけで1万ドルまで年利8%の金利がつくという一見信じられないサービスです
1万ドルを超えても1,000万ドルまでは5%金利というのも狂ってますよね


年8%という数字は、銀行預金は論外として、インデックス投資の平均リターンより上、勝ってる投資家でも安定して8%を超えるのは困難な数字
こんなの一般的には「詐欺」としか思えませんがFTXは世界有数のマトモな取引所。
それが仮想通貨を保有しているだけでもらえるってんだから今すぐやるべきです。
リスクを減らす方法もありますので。

まずはFTXの口座開設

FTXとは?

→世界でもかなり人気がある大手仮想通貨取引所です
今年正式に日本に上陸した暗号資産交換業者で、日本のliquidを買収して金融庁公認の暗号資産取引業者となりました
サービス設計が素晴らしく使いやすく、既存の日本取引所とは別次元です
日本は規制だらけで仮想通貨ユーザーに不利ですが、規制を突破し変えていこうという気持ちがあり今後にも期待できる取引所

今回みたいな仮想通貨を預けて金利をもらえるサービスを「レンディングサービス」といいます
レンディングサービスに重要なのが下記ですが、FTXはいずれも問題ないレベル

  1. 信頼度
    →世界上位の仮想通貨取引所。成長率、戦略もすごい
  2. 利率
    →年利8%~5%はかなり高利率。年利20%とかの場合、上限が$2000までだったり低い事が多い
  3. 拘束期間
    →いつでも引出し自由なのは大きい。一定期間引き出せないことと引き換えに高利率なものはよくある

FTX Japanの公式サイトを開き、右上にある「無料アカウントの作成」をクリックします

下記リンクから手続きすると特典として手数料永年5%が割引になります

メールアドレスとパスワードを設定して「アカウントを作成」します

本人確認

画面のとおりに必要事項を入力

携帯電話番号でSMS認証

投資経験などを入力

マイナンバーでを入力、マイナンバーカードの画像をアップロードするとQRコードが表示される

スマホでQRコードを読み取り本人確認処理へ

運転免許証やマイナンバーカードを撮影、最後に自分の顔を撮影して本人確認完了!

その後、審査の時間が少しありますが早ければ10分程度で完了します。

待ち時間の間に仮想通貨口座では必須の「2段階認証」設定をやっておきましょう

口座へ入金

1.日本円を入金する場合
銀行振込みを選択すると振込先口座が表示される
そこへ振り込むと即時反映されます

その後、入金した日本円で仮想通貨を買います

2.他の取引所から仮想通貨を送金する場合
すでに他の日本の取引所に仮想通貨を保有しているなら送金しましょう
入金したい通貨の「入金」ボタンをクリックすると送金先アドレスが表示されるのでそこへ送金します
送金におすすめ通貨は 手数料が安く、送金時間も早いのXRP(リップル)です。

【注意!初心者のかたへ】
仮想通貨の送金は送金先アドレスを1文字でもミスるとGOX(ゴックス)といって永遠に資産が失われます!!
(送金先によっては助かる場合もあるが困難)
それを防ぐために以下のことを必ず実施しましょう

  1. 1発目は最小金額で送金する(テスト送金)
  2. アドレス入力は必ずコピペで入力する
  3. アドレスが間違ってないか上4桁と下4桁を声に出して確認する

これは仮想通貨をやっていく上で「必須」です
毎回必ず」やってください。サボってはいけません
1回送金しアドレス帳に登録した後でも目視確認をしてください
クセづけてください。それが事故を防ぎます

仮想通貨を買う

日本円を入金した人はFTXで仮想通貨を買います

FTXの取り扱い通貨はいくつかありますが、ヘッジショート的にもXRP(リップル)がおすすめ
BCH、LTCはヘッジしにくいのでおすすめしません。SOLも微妙。BTCは送金手数料高い&遅い

いくら買うか?
→1万ドルまで年利8%の金利が付きますのでひとまず100万円くらいがおすすめ

以上で口座開設と入金が終わりましたので金利をもらう設定をONにします

 

金利をもらうためにFTX Earnを有効にする(スマホ)

FTXのスマホアプリで右上の歯車マーク
→プロフィール
→資産で利益を得られます
→有効にする

 

FTX Earnの注意事項にチェックを入れて「利益獲得を開始」ボタンを押します

これで完了です。以降は1時間おきに利息がもらえます

本当に年利8%ももらえるのか?
→結論から言うと本当です。
疑わしいので実際に数日間計測したところ、本当に年利8%相当の金利が付与されていました
(仮想通貨界隈の年利表示はインチキもあり実際に測定しないと安心できない)
こんな高金利どこまで続くんだろう…と思いますが、FTXは前年比10倍の利益を出すなどめちゃくちゃ躍進してる企業なのでしばらくはいけそうです

リスクヘッジのやり方

FTX口座で仮想通貨を保有して年利8%はすごいが仮想通貨が値下がりしたらそれどころじゃない損失じゃないか?ふざけるな!という方、安心してください、リスクヘッジ方法はあります。そしてそちらでも金利がもらえるかもしれません。

海外取引所の先物でショート(売り)をする

海外取引所、Binance(バイナンス)やByBit(バイビット)の口座を開設し証拠金を入れ先物をショートします

おすすめはByBitです
理由は「先物ショートで金利(=FRという)がもらえる可能性が高いから」です。

私自身も使っていてちゃんと根拠があって選択しています。
大手のBinanceでもいいのですが、先物ショート時の金利(FR)がマイナスになりやすい=ショートしている人は金利を取られることが多いように見えました。見えるというか実際に測定していてByBitよりマイナスFRが多い。
現在は米国金利高、インフレ抑制の方向により投資環境は悪化している
→下落時は先物マイナスFRになりやすいのですが取引所・通貨ごとにけっこう違う

FRは8時間おきに発生、つまり1日3回支払われるのですがByBitは2/3以上プラスFRで金利がもらえてます

これが理由です。ただ少しむずかしい。手順は、

ByBit口座開設

公式サイトから口座開設します。

開設手順はFTX Japanとほぼ同じです
海外取引所ですがほぼ日本語で進められます
紹介リンクから登録すると数百ドル相当の様々なボーナス特典がもらえるのでお得です

こちらもFTX同様に本人確認(日本の運転免許証で可能)、二段階認証をやっておきましょう

ByBitへ仮想通貨を送金

現状、日本→海外取引所への入金方法は仮想通貨を送るしかありませんのでFTXから送金します
FTXで金利もらう用に1万ドルぶんの仮想通貨を保有しているなら、その1/10~1/5の金額の仮想通貨を送金しましょう
$1000~$2000相当になるよう計算してください
多少多いほうが良いでしょう

送金方法

前述したFTX口座へ仮想通貨送金するときの手順と同じです。
ByBit口座の各通貨ごとに送金先アドレスがありますので入金したい通貨の「入金」ボタンをクリックすると送金先アドレスが表示されるのでそこへ送金しましょう
送金におすすめ通貨は 手数料が安く、送金時間も早いのXRP(リップル)です。

送金した通貨を売ってUSDTにする

ByBitの「現物取引」で、例えばXRPを売るとUSDTという通貨に変わります

USDTとは?→米国ドルに対応したステーブルコインというものです。
1USDT = 1米ドルの価値を維持しているため値動きによる損失がほぼ発生しません = USドルを持っているのと同じということになります。USDTで持っておけばビットコインが暴落しても関係ないよ、ってことに

USDTをデリバティブ(先物口座)へ振替して先物ショートする

現物のUSDTをデリバティブ口座へ振り替えます

そしてFTXで買った通貨の枚数と同じ枚数の先物をショートしたらヘッジ完了です!
レバレッジは5~10倍くらいが良いでしょう

まとめ

お疲れ様でした。これでFTXの年利8% + 先物ショートのFR金利1日0.03%(年利換算11%)という不労所得をGET♪

すごいことですよね、何もしなくて放置でも年利20%近いなんて

後半の海外取引所を使った先物ヘッジは最初難しいですが1回やれてしまえばすぐ慣れます

「知っているか知らないか」だけでとても大きな差が発生するのが仮想通貨です。

最初は少額からやればリスクないのでぜひ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です